ネクサス・アールホームコラム

column

TOP >  ネクサス・アールホームコラム >   >  「高度制御型ディマンドリスポンス実証事業」への採択

「高度制御型ディマンドリスポンス実証事業」への採択

thumbnail
2016.07.25

経済産業省が進める「バーチャルパワープラント構築実証事業」

京セラ株式会社は、経済産業省が進める「バーチャルパワープラント構築実証事業」における「高度制御型ディマンドリスポンス実証事業/一般送配電事業者が活用するネガワット取引の技術実証」において、一般財団法人エネルギー総合工学研究所(IAE)より、間接補助事業者として採択されたことを平成28年7月15日に発表しました。

n00133-1

急速に普及している再生エネルギーを有効活用

東日本大震災以降、急速にFITエネルギーの有効活用が拡大し、一般送配電事業者の電力需給バランスを高精度に調整できるようにすることが望まれています。

「平成26年度次世代エネルギー技術実証事業補助金(補正予算に係るもの)」において、「ネガワット取引に係るエネルギーマネジメントシステム構築と実証」を京セラは昨年に実施し、アグリゲーター型ADRを構築して自動制御によりネガワットを創出することができました。

※ネガワット:需要家の節約により余った電力を発電したことと同様に考える造語。節電所とも呼ばれる。

「高度制御型ディマンドリスポンス実証事業」の目的

事業の目的は、高速で精度の高いネガワット創出を可能とするアグリゲーター型自動ディマンドリスポンス(ADR)システムを構築し、一般送配電事業者が電力窮迫時に活用できるようにすることです。

また、構築したシステムの有効性実証と評価を行うことです。

東京電力の要請DR量に対して、「ぴったりDR」技術という余剰のネガワットは抑制するものの実証を行いながら、京セラ独自システムの「POM SYSTEM(R)(ポムシステム)」で東京電力からのDR要請を受信するとともに、ネガワットを不足することなく創出する実証事業をしました。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
京セラ株式会社 プレスリリース