ネクサス・アールホームコラム

column

TOP >  ネクサス・アールホームコラム >   >  現代の太陽光発電ニーズに応えたシミュレーションソフト発売

現代の太陽光発電ニーズに応えたシミュレーションソフト発売

thumbnail
2016.05.25

「Solar Pro 4.4」を発売

株式会社ラプラス・システムは、系統安定化のために導入が開始された太陽光発電の「出力制御」の検討に有用で、最近社会問題化しつつある太陽電池パネルの「光害(反射光)問題」など、系統安定化のために導入が開始された太陽光発電の「出力制御」の検討に有用な、新たなシミュレーションソフト「Solar Pro 4.4」を発売しました。

n00078-1

「Solar Pro」とは?

「Solar Pro」とは、太陽光発電システムの発電量予測やシステム設計を行い、有効なプレゼンツールとしても活用できるシミュレーションソフトです。

出力制御シミュレーション

今回の「Solar Pro」のVer.4.4では、最近導入が開始された「太陽光発電の出力制御」による影響を、シミュレーションできるようになりました。出力制御の際は電力会社から太陽光発電の出力を落とすことが求められていますが、その制御パターンを「Solar Pro」に登録すれば、出力制御の有無による総発電量の違いを正確に試算できます。

反射光シミュレーション

「Solar Pro」では3D CAD上に描いた周辺の建物に対して、「光害(反射光)問題」の有無や程度をあらゆる視点から確認することができます。また、そのシミュレーション結果は「反射光アニメーション」、「反射光軌跡」を可視化し、関係者への説明等に役立てることができます。

(画像はプレリリースより)

<外部リンク>
株式会社ラプラス・システム プレリリース