ネクサス・アールホームコラム

column

TOP >  ネクサス・アールホームコラム >   >  太陽光発電機能付バッテリー搭載のKindle専用カバーを開発中

太陽光発電機能付バッテリー搭載のKindle専用カバーを開発中

thumbnail
2016.04.19

Kindle初の太陽光発電機能付バッテリーカバー

Wall Street Journalは現地時間2016年4月5日、電子書籍端末「Kindle」の専用カバーとして太陽光発電機能付バッテリーを搭載したカバーをAmazon.comが開発しているとレポートしています。

開発は、アメリカのシリコンバレーにある「Lab126」と呼ばれるハードウェア研究開発部門で行っているとのことです。
ただし、事情通の関係者の話という内容で、またその関係者は、当面の発売は難しいだろうと発言しているということです。

別の関係者の話として、Amazon.comが次期Kindleの発売と合わせて太陽光発電機能ではないバッテリーを搭載したカバーを発売するとレポートしています。
Kindleの専用カバーでは、バッテリー機能を搭載したカバーは初めての発売となります。

Lab126では、次期Kindleを「Whiskey(ウイスキー)」、バッテリー搭載カバーを「Soda(ソーダ)」、太陽光発電機能付バッテリーカバーを「Sunkiss(サンキッス)」との開発コードネームで呼んでいるということです。

n00046-1
太陽光発電機能付バッテリーカバーの効果と期待

Kindleはディスプレイにe-inkスクリーンを採用し、スマートフォンやタブレット端末のディスプレイと異なり、明るい日差しの中でもまぶしい光の反射はなく、本物の紙のように見ることができます。

太陽光発電機能付カバーを装着したKindleを明るい日差しの中で使用すれば、バッテリー残量を気にすることなく読書だけに集中でき、読書がはかどることが期待できます。

(画像はイメージです)

<bar:外部リンク>
Lab126
米アマゾン